Wine Story

植ノ山畑のシャルドネ(0.5ha)と生居畑のシャルドネ(0.4ha)は、両方とも風通しの良い、小石や砂混じりでミネラル豊富な粘土質土壌で栽培しています。一文字短梢平棚仕立てのため一日中日当たりが良いのも特長です。2016年は比較的好天に恵まれた一年で、十分にグリーンハーベスト(摘房)を行い、良く熟したブドウができるように徹底した手入れを行っています。

植ノ山畑シャルドネは全て新樽で発酵、生居畑シャルドネはタンク発酵と、分けて醸造し熟成後にブレンドしています。このため、新樽発酵由来のバニラやナッツのような香りと、タンク発酵由来の白桃やパイナップルのような果物の香りが、馥郁とした風味を醸し出しています。様々な食事に寄り添ってくれるワインになりました。

Technical supplements

全房プレス後、軽くデブルバージュして植ノ山畑は樽へ、生居畑はタンクに移し、それぞれ発酵後、MLFしないように注意深く管理しながら熟成しました。樽は2週間に1回程度バトナージュし、ブレンド後は約1ヵ月タンク熟成し、無濾過・非加熱で、瓶詰前の澱引きも1回のみにとどめました。




ファイルを開く

Chardonnay
データシート(印刷用)


Technical data


品種構成 シャルドネ 100%
収穫日 2016年9月25,26, 27日
生居畑、植ノ山畑(一文字短梢、樹齢7〜8年)
アルコール度数 11.7%vol.
総酸度 6.2g/L(酒石酸換算)
pH 3.81
樽比率 40%(新樽 100%)、8ヵ月半発酵・熟成
生産本数 2055本
クロージャー コルク(DIAM10)
瓶詰日 2017年6月10日
発売開始日 2017年8月24日